dis's habits.

習慣としての日記付け。

10/28の振り返り。(習慣継続215日目)

•本日の習慣

読書→達成

語学学習→達成

運動→達成

ギター→達成

お絵描き→達成

 

•今日、心の中に残った事。その影響。

島田紳助松本人志の対談で松本さんが「人は好きな事だけやっていたら暇になる。嫌なことも適度にやると人生は暇に感じない。」と言っていたのを聴いて、その通りだなと感じた。また、紳助さんが「歳を取れば取る程、時間の経過が速く感じるのは、初めて向かう先のドライブで行きと帰りでは帰りが物凄く早く感じる様なもんで、初めて体験した事の感動を過ぎたら、次からはその経験をそれとなく流してしまう感じになるから。」と仰っていて、これまた本当にそうだと感じた。→→自分が次から次へと新しい事を始めているのはこの人生のマンネリ感への抵抗なんだとふと思った。

 

→また上記に加えて「待つ時間は体感長く感じる。」とも仰っていて、出来るだけ将来に楽しみな何かを待つ時間をいくつも設定しておけると人生がより充実する。というアイデアは今日から早速実践してみようと思った。

 

•特筆すべき習慣の進捗。その影響。

語学学習→新しい英語の教材で勉強をし始めた。


•栄養ファクター。その維持。

→相方さんが買ってきたアイスを食べた。雪見だいふくって美味いよな。


•障害。その影響、学び。

→特に無し。


•毒素ファクター。その弱体化、避け方を考える。

→特に無し。


•今日一日を通しての翌日をポジティブに生活する為の行動プラン

→自分のペースを生活の中に上手く作る。無理はしない。